Q. ブロードキャストフレームを除外した状態でのトラフィック状況を確認したい。
A. トラフィックに「フィルター条件」を設定することで実現できます。
  1. ツールボタンにより、環境設定を開き「トラフィックタブ」を選択します。
  2. 「追加ボタン」を押すと「トラフィック条件設定」が表示されます。
  3. 「グラフ種別」には任意の名前(ここでは no-broad と名付けます)、「グラフ色」は好みの色を設定します。
  4. 次に「トラフィックフィルタ設定」でブロードキャストフレームを除外するフィルタ条件を設定しますが、ここでは no-broad.fil というフィルタファイルを提供しますので、これをダウンロードして使用します。
  5. ツールボタンを押して、ダウンロードした "no-broad.fil" を読み込みます。
  6. 「OKボタン」を押すと「環境設定」−「トラフィックタブ」の「グラフ種別」に「no-broad」が追加表示されます。
  7. 「環境設定」を閉じて「トラフィック表示」を表示すると、「グラフ種別」に「全トラフィック」と「no-broad」が表示されますので、「全トラフィック」のチェックボックスをオフにすると「no-broad」のトラフィックのみが表示されることになります。
  8. この条件は「トラフィックヒストリ」に対しても有効となりますので、「トラフィックヒストリ」の「グラフ種別」で「no-broad」を選択すると「no-broad」のトラフィックを確認することができます。

戻る