戻る

C/C++セキュアコーディング (中級者向け) ★★★★★

高品質なプログラムを書くための参考書
C/C++セキュアコーディング (大型本)
Robert C. Seacord (著), JPCERTコーディネーションセンター (翻訳)
出版社: アスキー (2006/11/6) ASIN: 4756148239
価格:¥3,990(税込)
 
著者は、セキュリティに関心のある人なら必ず耳にするCERTに勤務しています。したがって、著者のセキュリティに対する知識も非常に詳細で具体的なものです。C言語は、変数領域に対するアクセスの自由度が高いので、相当注意したつもりでも何かの勘違い等で変数領域を超えて書き込んでしまうことがあり得ます。経験的に、テスト工程にて最後まで残る不可解な障害の多くは、この様な原因で発生するように思えます。そして、この問題は一旦プログラムの中に入り込んでしまうと、その後検出するのに非常に多くの時間を要します。したがって、プログラマとして、コーディングする際には常にその点に気をつける習慣を身につける必要があります。最近の言語では、この様な問題が発生しないように工夫されていますが、C言語はメモリを自由にアクセスできることが特徴なので、この辺の機能が制限されてしまうと、C言語の存在する意味が無くなってしまいます。だからこそ、その副作用を避ける技術の習得が不可欠となります。

最新ANSI C++オブジェクト指向プログラミング (中級者向け) ★★★★

まさしく、C++のエキスパートになりたい人のための本
最新ANSI C++オブジェクト指向プログラミング
―エキスパートへの最短コース
ポール・アンダーソン (著), ゲイル・アンダーソン (著),
ロングテール, 長尾 高弘
出版社: プレンティスホール出版 ; ISBN: 4894710870 ; (1999/02)
価格: ¥8,190 (税込)
本書は、読み手を選びます。手っ取り早くC++の知識を得ようと思う人にはむきません。内容は学術的なので、C++のメカニズムをじっくり理解したい人は満足できると思います。 カーニハンの「プログラミング言語C」が好きな人には良いのかもしれません。内容については分厚本なので 漏れがありません。したがって、本書の他にもう一冊薄い本を購入し、その本と併用して使用すると良いでしょう。

GNU C++プログラミング  (中級者向け) ★★★★

UNIXでC++を勉強したい人には最適
GNU C++プログラミング
―LinuxをはじめとするUNIX系OSにおける開発技法のすべて
トム スワン (著), Tom Swan (原著), 日向 俊二 (翻訳)
出版社: 翔泳社 ; ISBN: 4881359568 ; (2000/11)
価格: ¥7,140 (税込)
 
本書は、LinuxでC++を学ぶことを想定しています。したがって、ソースコードも多く掲載されていますし、内容も具体的に説明されています。そういう意味で、最新ANSI C++オブジェクト指向プログラミングよりは、とっつきやすいと思います。本書も分厚い本なので、全て網羅されていますし、説明も良く分ります。私は言語の本に関しては、分厚い本が良いと思っています。特に C++の様なオブジェクト指向の言語は、どうしても抽象的概念が根底にあり、その様な思想的なものは、読み込まないと理解できない側面があるからです。現在では、Linux環境は簡単に構築できるので、これから C++を始めようと思われる方には、本書は非常は良い手引書になるでしょう。

Copyright (C) 2012 Layer Co.,Ltd. All rights reserved.

戻る